「家計の見直し相談室」 自宅購入の是非

 

いつもお世話になっております。

今回もお読みくださいましてありがとうございます。

 

家計の見直し相談室 のWebサイトを運営しております、

FPの国際ライセンス CFP(R)認定者の松本です。

 

今回はライフプランを考える際に、

高額な買い物となるマイホームにつきまして、

書かせていただければと思っています。

 

 

政府主導によるマクロ経済政策に大いなる転換が図られてから、

株価の上昇、主要都市部における地価が上昇に転じるなど、

資産価格の上昇が注目されるようになってきています。

 

金融機関の貸出金利の動向はもとより、

消費税増税の実施が見込まれることも相まって、

マイホームの購入意欲が旺盛になってきていると報じられています。

 

円安による建築材料のコストアップ要因もあり、

マイホームを購入するかどうかと迷っていた方々も、

購入価格と購入資金調達費用が上昇する前に、

購入しておいたほうが得策ではないかと考えられて、

実際に、購入される方が散見される状況になっています。

 

このような状況になることは理解できます。

人はトレンドに対して敏感に反応するからです。

 

しかしながら、

現在のトレンドに自分も乗っかっていこうと、

安易に考えられることについては警鐘を鳴らしたいと思っています。

 

自宅の購入は、ライフイベントにおいて、

最も高額な買い物となることが想定されますので、

自ずと、それ相応のリスクが伴なってくることになります。

また、購入に際しては、

一般論だけで論じられない個別具体的なファクターが重要で、

それぞれに、それぞれの事情が存在することが多いものです。

 

自己資金をどの程度まで準備することができるのか。

親からの資金援助がどのくらい期待できるのか。

 

上のような資金的なファクターに加えて、

購入した後、すぐに転勤や単身赴任することになるなど、

勤務先における人事異動の可能性も考慮しなければならず、

予見不可測性であるリスクをどの程度まで受け入れられるのかを、

よくよく検討していかなければなりません。

 

また、すでにご承知の事かもしれませんが、

自営業者や家族経営の中小企業経営者であれば、

その営まれている業種にもよりますが、

経営がうまくいかなくなった時に、マイホームがどうなるかについて、

しっかりと考えておかれてから、購入の可否を決められるべきでしょう。

 

今現在は会社員だが、独立開業を検討されている方も同様です。

 

外部環境的には購入する動機づけが散見されます。

しかし、いつの時代も変わらない内部環境的なファクターを直視して、

個別具体的なさまざまな事情を頭の中に叩き込んでから、

腰を据えて、じっくりと考えていくことが求められるように思えます。

 

ライフプランにおけるマイホームの位置づけと、

マイホームへの思い、マイホームの必要性を確認すること。

 

そうすることによって、整理すべき事項が可視化され、

ひいては、購入の是非について、的確な判断に資するのではないか。

そのように考えております。

 

個別具体的なファクターについて、

気がかりな点が出てくることがあるように思います。

 

そのような時にこそ、ご相談いただければ、幸いです。

 

 

今回のコラムは、ここまでにいたします。

 

 

家計の見直し時において、お困り事が生じた場合には、

お気軽に、ご連絡、ご相談いただければと思っております。

 

今後とも、「家計の見直し相談室」 を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

 

 

   

このブログ記事について

このページは、行政書士FP相談室が2013年6月26日 17:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「家計の見直し相談室」 所要時間短縮の効果」です。

次のブログ記事は「「家計の見直し相談室」 口座自動引き落とし」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。