「家計の見直し相談室」 口座自動引き落とし

 

いつもお世話になっております。

今回もお読みくださいましてありがとうございます。

 

家計の見直し相談室 のWebサイトを運営しております、

FPの国際ライセンス CFP(R)認定者の松本です。

 

今回は家計を把握するヒントとなるようなことと併せて、

お知らせする事項がありますので、それらのことを順序立てて、

書かせていただければと思っています。

 

 

家計を見直すことは、暮らしを見つめ直すことにつながります。

 

日々の暮らしにおいて、利便性を求められる方々にとっては、

クレジットカードによる支払いは便利ですし、

公共料金などを自分名義の銀行口座から自動引き落としによって、

支払えるように手続きされていることが多いように思います。

 

その事自体について、論評しようとは思っていません。

ただ、留意しておきたい事があるに過ぎません。

 

それは、支払い時に痛みを伴わない事が生じさせる、

五感で家計を把握することについての困難性なのです。

 

『いつ、どこで、誰に、何を、なぜ、いくら支払ったのか。』

 

上に書いた5W1Hの要素を中心に、

五感を駆使して体感することができないことによって、

引いては家計の状況を正しく把握しにくくなることがある。

このような事を言いたかったのです。

 

現金でしか支払えないお店もあります。

そのようなお店で物やサービスを購入すると、

否応なしに、お財布に入っている現金が減ります。

 

「思っていたよりも、高くついた。」

「思っていたよりも、安く済んだ。」

 

この感覚が、思っておられるよりも大切なのです。

日頃からこの感性を磨いておかれることが大切なのです。

 

高い安いは自らの価値判断で決まりますので、

自分がどのような価値観を持っているのかについて、

知るきっかけになることがあります。

 

『自分自身の心の中にある、足るを知る。』

 

そのきっかけが暮らし全体を見つめ直すことにつなげていく。

 

大切なことだと考えています。

 

 

ここからはお知らせです。

 

夏季休業期間の絡みもありますので、

暫時、新規のご依頼については受付を見合わせることになりました。

平成25年8月20日(火)を目途に、受付を再開させようと考えております。

 

再開でき次第、このコラムの場において、

改めて、お伝えできればと思っております。

 

再開させていただきましたら、

これまでと同様に、ご依頼者のお力になれるよう、

アドバイス等をさせていただければと考えております。

 

ご相談いただければ、幸いです。

 

 

今回のコラムは、ここまでにいたします。

 

 

家計の見直し時において、お困り事が生じた場合には、

お気軽に、ご連絡、ご相談いただければと思っております。

 

今後とも、「家計の見直し相談室」 を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お読みくださいまして、ありがとうございました。